MENU

払いすぎた利息は本当に取り戻せるのか?

 

近頃、「払いすぎた利息の超過分を請求して取り戻すことができる!」ようなキャッチフレーズやCMがバンバン流れています。

 

そもそも払いすぎた利息って何?詐欺にあった人が対象ってこと?など知識が乏しい方からすれば理解するのが難しいかもしれません。

 

実は払いすぎた利息は本当に取り戻すことができるんです。そのカラクリについて簡単に説明したいと思います。

 

そもそも払いすぎた利息のことを「過払い金」と言います。肝心なのはなぜ過払い金が発生するのか?という点ですね。

 

その理由は利息制限上限金利15%~20%と出資法の上限金利29.2%と2つのややこしい法律があるからです。

 

過払い金が発生する理由とは利息制限法と出資法の上限金利に差額があるからです。そのため最大で14.2%の差が出てくる訳です。

 

皆は気が付かないだけで借金返済中の方も返済完了した方も対象になっているケースが多く、現在数多くの弁護士事務所&司法書士事務所が「払いすぎた利息を取り戻そう!」と声をかける運動をCMやネット広告を使ってしている訳です。

 

例えば過払い金請求の対象になりやすい方の特徴は下記の通りになります。

  • 金利20%以上で賃金業者と取引経験がある
  • 2社以上の賃金業者と取引していた
  • 現在多重債務者である方
  • 上記に当てはまる人の連帯保証人の方

 

上記に当てはまる人はこれまでに払いすぎた利息を取り戻す可能性が比較高い傾向がある人です。おそらく多くの方は今一ピンとこないと思いますので、少しでも自分が「過払い金請求」の対象になるのでは?と思うのであれば、気軽に弁護士か司法書士に過払い金相談することをおすすめします。無料で相談を実施しているケースもありますし、深夜~早朝など24時間対応しているケースもあります。分からない事があれば気軽に過払い相談するのがいいでしょう。